【トラブル?】チャップアップで頭皮が赤い?かぶれの副作用はある?

ミノキシジルやプロペシアなどの医薬品は副作用が怖いという理由で、チャップアップをはじめとする育毛剤を使っている人も多いでしょう。

ただ、チャップアップも副作用が極めて起きにくいというだけで、体質によっては頭皮に不具合が起きる可能性があるのですヽ(ヽ゚ロ゚)ヒイィィィ!!

チャップアップで副作用が起きる人は?

チャップアップは体質によって、頭皮に湿疹ができたり、炎症が起きたりするなどの不具合が出ることがあります。

そうした症状が出やすいとされている人は、肌がエタノールに弱い人と、植物成分へのアレルギーを持っている人です。

肌がエタノールに弱い人

チャップアップは防腐剤など、頭皮に悪影響を与える可能性がある添加物を可能な限り排除しています。

ただ、エタノールだけは含まれているのです。

これは、チャップアップに含まれている成分の抽出には、エタノールが欠かせないことが理由です。

チャップアップの配合成分の中には、水に溶けにくいものもあります。そうした成分は、エタノールを使って抽出することで、水に混ざりやすくなるのです。

このため、チャップアップにはどうしても、エタノールが含まれてしまうのです。

問題はエタノールに揮発性があり、蒸発時に頭皮の水分を奪い、頭皮の乾燥の原因となってしまうことです。

肌の弱い人だと、これが湿疹や炎症などの原因となるのです。

医療機関でエタノール消毒をする際に、かぶれたことがあるかどうかを聞いてくるのは、こうした問題があるためです。

植物系アレルギーのある人

チャップアップの育毛成分の多くは、肌に優しい自然由来のものですが、誰にでも問題が出ないというわけではありません。

アレルギー体質の人にとっては、特定の自然由来物質がアレルゲンとなるからです。

食物アレルギーの原因となる卵や蕎麦なども、自然由来の成分です。花粉症は自然界にあるスギやヒノキの花粉によって引き起こされます。

自然由来だから誰にとっても安心というわけではないという、分かりやすい例だと言えます。

体質によっては、チャップアップの自然由来成分がアレルゲンとなる可能性もあります。その結果として、頭皮がかぶれたり、湿疹ができたりするというわけです。

いずれにしてもこのような症状が出た場合、使用を中止するしかありません。

チャップアップの全額返金保証制度は永久に利用可能なので、体に合わないときには利用しましょう。

未成年でも問題なく使える!

このように書くと、ミノキシジルやプロペシアと変わらないんじゃないかと思ってしまう人もいるでしょうが、そこまで副作用が出やすいわけではありません。

医薬品が使えない未成年でも使用可能となっているのが、その傍証と言っていいでしょう。

プロペシアは男性器の発達を阻害する可能性があるため、未成年への処方は禁止されています。ミノキシジルについても強い薬なので、未成年の使用はダメです。

これに対してチャップアップは、公式サイトのQ&Aコーナーで、未成年でも使用に問題はないと明言しています。

ただ、中学生以下についてはチャップアップの使用を推奨しておらず、使用前に医療機関に相談すべきだとしています。

サプリメントは誰でも利用可能なわけじゃない

問題はチャップアップサプリの方です。基本的に誰でも使える育毛剤と違い、妊娠・授乳中の女性や未成年は、必ずしも使用が推奨されていません。

これは、AGA(男性型脱毛症)に効果があるとされるノコギリヤシの問題です。また、栄養素の過剰摂取にも注意が必要です。

ノコギリヤシは妊婦と未成年は良くない

ノコギリヤシにはAGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるという、プロペシアに似た働きがあります。

米生物工学情報センターのデータベースには、1日当たり320ミリグラムの摂取によって約4割はAGAが改善したという臨床データが収録されています。
参考URL:https://www.ncbi.nlm.nih.gov

実はDHTは男性器を成長させる働きがあり、お腹の中の赤ちゃんが男の子だとDHTの生成阻害によって、性器の成長に悪影響が出る危険性があるのです。性器が未発達な未成年も同様です。

チャップアップサプリと同じくノコギリヤシが配合されているイクオスサプリEXでは、妊娠・授乳中の女性と未成年は摂取を推奨していません。

チャップアップサプリも同様と考えていいでしょう。

過剰摂取に注意するのは難しい

また、他のサプリと一緒に摂取している人は、亜鉛などが過剰摂取にならないよう気をつける必要があります。

例えば亜鉛なら、1日当たりの上限摂取量は40~45mgで、サプリを複数摂取すると超える可能性があるのです。

ただ、チャップアップサプリには問題があります。それは、配合成分の量が公開されていないので、栄養素の過剰摂取の見極めが難しいのです。

チャップアップサプリは最近、パッケージを変えるなどリニューアルを行いましたが、この点についても改善してほしかったです。

本当に心配すべきはミノキシジルとプロペシア

ただ、チャップアップが合わない人がいるといっても、せいぜい頭皮に不具合が起きる程度です。

医療機関で処方されているミノキシジルとプロペシアは、もっとヤバいです。

ミノキシジルは副作用として頭皮のかぶれや湿疹が確認されているほか、使用した人の中に心不全でなくなった人もいます(厚生労働省と大正製薬はミノキシジルとの因果関係を否定)。

内服タイプのミノキシジルタブレットは、血圧異常や多臓器不全の恐れがあるとされています。

プロペシアはED(勃起不全)や精子減少などが副作用で、若ハゲの人にとってはAGAレベルの深刻な悩みとなりかねません。

服用をやめても後遺症が出ることがあり、海外では訴訟沙汰になっています。付け加えると、女性と未成年は処方そのものが認められていません。

こんなヤバい副作用がある薬と比較すると、チャップアップはまだマシだと言えます。

仮に合わなくても、全額返金補償制度を利用すれば金銭的な損失は抑えられます。

AGAといっても進行度合いは人それぞれで、ミノキシジルやプロペシアが必要なレベルではないことも多いです。

進行していなければ、効果も副作用も強い薬を飲むより、副作用が起きる可能性が低く、起きたとしても深刻ではない育毛剤や育毛サプリの方がいいかもしれませんね。