リアップ(ミノキシジル)とプロペシア(フィナステリド)の違いと効果

プロペシアは医療機関で処方されているAGA(男性型脱毛症)の治療薬で、リアップの主成分であるミノキシジルは医療機関でも使用されています。

ただ、この2つにはどのような違いがあるのか、知らない人も多いのではないでしょうか。

今回はリアップとプロペシアの違いや、それぞれの効果について説明していきます。

リアップとプロペシアの大きな違いは作用

リアップとプロペシアはそもそも、作用が全く違っています。

リアップは髪の毛の成長力をアップさせる薬で、プロペシアはAGAによる脱毛を抑える薬です。

血行促進で髪の毛を成長させるリアップ

リアップの主成分であるミノキシジルはもともと、血圧を下げるための血管拡張剤でした。

この水溶液を頭皮に塗布したところ、髪の毛の成長力がアップすることが分かり、AGAをはじめとする薄毛の治療薬として使用されるようになったのです。

ミノキシジルによって頭皮の血管が拡張されると、毛根により多くの栄養分や酸素が届けられるようになります。

これによって髪の毛の成長力が上がり、薄毛からフサフサになってくれるのです。

プロペシアはAGAの原因物質を減らす

これに対してプロペシアの主成分・フィナステリドは、AGAの原因であるDHT(ジヒドロテストステロン)の生成を抑えるものです。

こちらもDHTが原因で起きる前立腺肥大症の薬として開発されましたが、AGA対策に効果があるため転用されています。

AGAがDHTによって脱毛が促進されてしまうことが原因で起こります。

DHTは男性ホルモンから作られますが、フィナステリドは男性ホルモンからDHTを作る際に必要となる酵素の働きを抑え、DHTが作られないようにするのです。

原因物質が減れば脱毛が抑えられるというわけですね。

ただ、フィナステリドだけではAGAの進行を抑えるだけで、フサフサになるまでに時間がかかります。

そこで、髪の毛の成長力をアップさせるミノキシジルを併用するというのが、AGAクリニックをはじめとする医療機関で行われている治療なのです、

リアップとプロペシアはどこで購入する?

リアップは第一類医薬品なので、薬剤師のいる薬局で購入することができます。ネット通販でも入手することが可能です。

最近ではスカルプDメディカルミノキ5のように、通販中心のミノキシジル配合発毛剤も登場しています。

また、ロート製薬や加美乃素本舗などからも、ミノキシジル配合の発毛剤の発売が予定されています。

これに対して、プロペシアはドラッグストアなどでの入手は不可能!

医療機関から処方箋をもらい、薬局で処方してもらうのです。

リアップが一般用医薬品なのに対し、プロペシアは医療用医薬品なので、日本国内の小売店では売ることができなくなっているのです。

プロペシアもオオサカ堂を使えばネットで入手可

実は、プロペシアを個人で入手する方法はあります。

それは、オオサカ堂をはじめとする医薬品の個人輸入代行業者を利用することです。

オオサカ堂のプロペシアは、医療機関で処方されているものよりも安く、治療にお金がかからないというメリットがあります。

また、オオサカ堂のような個人輸入代行業者では、日本国内では認可されていないインド製のフィナステリド製剤も扱っています。

これらはプロペシアと比べても、さらに格安です。

また、ミノキシジルも薬局で入手できるのは外用薬のみですが、輸入代行業者を使えばより効果が高いとされる内服薬タイプのミノキシジルタブレットも入手可能です。こちらも一部の医療機関が処方しているだけです。

ただ、プロペシアにはさまざまな副作用があるのが問題です。

医療機関での処方ならば万が一、副作用が出た場合でも、責任を持って対処してくれますし、そもそも副作用が出にくい使い方というのも熟知しています。

個人輸入の場合、フィナステリドの副作用に自己責任で対応しなければならないという、大きなデメリットがあるのです。

リアップとプロペシアの代表的な副作用

リアップは頭皮のかぶれや湿疹などが主な副作用で、使用者が心不全で死亡した例も報告されています(厚生労働省や大正製薬は因果関係を否定しています)。

ミノキシジルタブレットは体毛が濃くなる、血圧に異常が出るなどの副作用が確認されています。

血圧低下による多臓器不全の危険性が指摘されており、犬を使った実験では心臓破裂に至ったこともあります。
参考元:http://www.jschr.org

プロペシアの副作用はED(勃起不全)や精子減少など、若年層にとってはAGAと同じぐらい深刻な悩みとなりかねないものです。

また、プロペシアの服用をやめても副作用と似たような症状が後遺症として出ることもあり、海外では裁判が起こされています。

これらの副作用はほぼ添付文書に記載されており、製造元が公式に存在を認めているものなのです。全員に副作用が出るわけではないとはいえ、ちょっと怖いですよね。

副作用のない育毛剤やサプリで代用品は?

リアップやプロペシアの副作用は嫌だという人、そもそも医薬品を使うレベルまで薄毛が進行していない人は、副作用がない育毛剤や育毛サプリメントを代用品として利用してもいいでしょう。

ミノキシジルの代用品としてのおすすめは、コストパフォーマンスに優れた海藻由来のM-034や、M-034の改良型が配合されている商品です。

M-034配合商品だと、有効成分が70種類というチャップアップが魅力的です。

M-034の改良型であるアルガス-が配合されているイクオスも、有効成分の種類はチャップアップに及ばないものの、チャップアップよりリーズナブルです。

プロペシアの代用品としては、ノコギリヤシ配合の育毛サプリがいいでしょう。

ノコギリヤシはプロペシアほどではないとはいえ、DHTの生成を抑える効果があることが臨床試験で分かっているためです。

中でもイクオスサプリEXは、ノコギリヤシ300mgをはじめ主な配合成分の量が公開されていますので、非公開の商品が多い現状ではおすすめです。

リアップとプロペシア併用の代用品としては、育毛剤と育毛ザプリの併用が考えられます。

おすすめは、一緒に定期購入すると割引価格になるうえ、サプリの内容が優れているイクオスとイクオスサプリEXの併用ではないでしょうか。

現在のところ薄毛治療薬はミノフィナが最強

とはいえ、現時点では薄毛治療薬といえば、ミノキシジルとプロペシア(フィナステリド)の併用が最強です。

特にミノキシジルタブレットは、ミノキシジルを外用薬として使った場合の浸透性の低さを補ってくれることもあり、大きな効果が期待できるとされています。

ただ、上にも書きましたように、ミノタブには多臓器不全などのリスクがあり、日本皮膚科学会のガイドラインでは処方を推奨していません。

プロペシアをはじめとするフィナステリド製剤も上述のように、後遺症によって裁判沙汰になっているなど問題含みです。
参考元:https://www.dermatol.or.jp

薄毛がそれほど進行していないなら、まずはイクオスとイクオスサプリEXを使って様子を見てみましょう。

それでどうしても効果が出ないようならば、副作用を覚悟で薄毛治療薬を使うのもありでしょう。

その場合、副作用対策として医療機関に処方してもらうのがおすすめです。