【俺の精子が!】プロペシアで精子減少して男性不妊になるの!?

AGA(男性型脱毛症)の治療薬として服用されているプロペシアですが、肝機能障害の他、性欲減退、精子量減少などの副作用が起こる可能性がある、と言われています。

プロペシアを服用すると、どのような副作用が起こる可能性があるのか調べてみました。
これを読んで、プロペシアを服用中の人、服用しようと考えている人は参考にしてみてください。

プロペシアとはどのような薬なのか?

プロペシアは男性型脱毛症の原因物質である、DHT(ジヒドロテストステロン)を抑制する働きがあります。

最初は前立腺肥大の治療薬としてフィナステリドが開発され、それを商品化したものがプロペシアです。プロペシア服用者にAGA(男性型脱毛症)の改善が見られ、AGA治療にも使用されるようになりました。

しかし前立腺癌の治療薬として、進行抑制率も確認されているが、即効性も乏しく、癌の進行率が大きいことも確認されていることなどもあり、日本では前立腺肥大の治療薬としては認可されていません。

プロペシアの服用で精子量が減少するの?

プロペシアを服用すると精子量が減少するという論文があります。また、精子運動能は低下しないとする論文や、精子運動能が低下するとする論文もあります。精子量減少の発現率は極めて低いようです。

まだ、プロペシアの服用が精子にどのような影響を及ぼすのかは、はっきりしたことがわかっているわけではありません。しかしプロペシアの服用は、精子になんらかの影響を与える可能性が高いと考えられています。

プロペシアの服用が精子に与える影響は、まだはっきりしたことがわかっていないとはいえ、精子に何らかの影響がある可能性が高いので、妊娠を望む男性はプロペシアの服用は控えるべきだと思います。

精子減少以外に考えられる副作用は?

プロペシア服用で起こる可能性がある症状を紹介していこうと思います。

  • 性欲減退
  • 勃起機能不全
  • 射精障害
  • 精液量減少
  • 精子濃度の低下
  • 精子運動性の低下
  • 精子機能異常
  • 睾丸痛
  • 肝機能障害
  • 抑うつ症状
  • めまい
  • 乳房肥大(女性化乳房)

これらの副作用は、プロペシアとの因果関係がはっきりとはわかっていないものも多いです。プロペシアを服用していない人に、これらの症状が起こる割合と、ほぼ同じであるという意見もあります。

これを見ると、性機能に関する副作用が多いとわかると思います。はっきりとはわからないと言っても、疑いがあるのは確かなので妊娠を望む男性は、プロペシアの使用を控えた方がよいと言えるでしょう。

プロペシアを服用してこれらの副作用が出てしまったら、プロペシアの服用をやめたら元に戻るのでしょうか?

プロペシアの服用をやめれば元に戻るの?

プロペシアの服用で副作用が出てしまった人が、服用をやめると元の状態に戻ったという報告があります。

プロペシアの服用をやめれば元に戻るのであれば、子供を作りたいときだけプロペシアの服用をやめればよいですよね。

しかし、元に戻らなかった人もいるという報告もあるのです。プロペシアの服用をやめても副作用の症状が改善しないものを、ポストフィナステリド症候群と言います。

ポストフィナステリド症候群とは?

ポストフィナステリド症候群とは、プロペシアの服用をやめても副作用が改善しないことです。

ポストフィナステリド症候群については、動物実験や、正確性に欠ける調査での報告はありますが、まだ信頼性の高い報告はありません。

調査の一例としては、フィナステリドを平均服用期間28ヶ月で、服用中止後平均40ヶ月の男性71人に対して行った、インタビューをスコア化した報告があります。

なんと94%で性欲低下、92%で勃起不全と性的興奮低下、69%でオーガズム異常を感じたということです。

この数値が副作用の発現率を正確に反映しているものであるならば、プロペシアはもっと問題になっていると思います。

90%以上で性欲低下や勃起不全が起きるなら、プロペシアを服用したらほぼこれらの症状が起こるということですが、実際はそんなことはありません。

この報告は、プロペシアの服用からインタビューまでの期間が長すぎるので、ほとんどが老化現象によるものである可能性が高いと思います。しかし、このような報告があったことは頭に入れておいた方がよいでしょう。

子作りをするどのぐらい前から使用をやめたらよい?

プロペシアは1ヶ月で体外に排出されると言われています。

プロペシアの副作用で精子数が減少したかどうかは、検査をしてみないとわかりませんが、子作りする1ヶ月前にはプロペシアの服用をやめた方がよい、と推奨されています。

精子数減少で妊娠はしにくくなりますが、妊娠してしまえば精子の異常があったとしても、胎児に影響はないと考えられています。しかし、プロペシアは胎児に影響を及ぼす可能性があります。

プロペシアが胎児に及ぼす影響とは?

日本赤十字社では、プロペシアの服用をやめてから1ヶ月以上たった人でないと、献血できない規定になっています。

これは妊婦や授乳中の女性の体内のプロペシアが胎児に及ぼす影響を考えてのことです。

男子胎児の生殖器官の発達は、男性ホルモン(DHT)が関係しています。プロペシアはDHTの働きを抑制します。

そのため胎児の生殖器の発育異常を引き起こしてしまう可能性がありるのです。

妊婦や授乳期の女性は、皮膚から吸収される可能性もあるのでプロペシアに触ってもいけません。

副作用が出たらプロペシアの服用を中止する!

プロペシアの服用をやめれば副作用が改善する人もいますが、改善しない人もいると紹介してきました。

これらから、プロペシアを服用して副作用が出たら、すぐにプロペシアの服用を中止した方がよいと思います。

プロペシア以外にも、ミノキシジルや育毛剤で育毛効果が得られるものがあるので、わざわざリスクを負う必要はないでしょう。

精子の異常などは自分ではわからないので、プロペシアを副用しているときには検査を定期的にするぐらいの慎重さが必要かもしれません。

プロペシアの代わりにおすすめする育毛サプリは?

プロペシアを服用して育毛効果が得られた人は、副作用が出た、子作りしたい、という理由があるとはいえ、プロペシアの服用をやめることには抵抗があるでしょう。

せっかく薄毛が改善されてきたのに、プロペシアの使用をやめたら元に戻ってしまうかもしれないですよね。

その期間は育毛を諦めるしかないのか、というとそうではありません。

プロペシアを使用できないのであれば、育毛効果が期待でき、さらに副作用が出る可能性が低いものを使用して育毛をすればよいのです。

副作用が出る可能性が低い育毛剤は?

プロペシア以外で育毛効果が高い育毛剤があれば、心配せずにプロペシアの使用をやめることができます。

副作用が出る可能性が極めて低い育毛剤は、天然成分が配合されている育毛剤です!

天然成分が配合されている育毛剤の多くには、ノコギリヤシが配合されています。
しかしノコギリヤシに育毛効果はあるのでしょうか?

ノコギリヤシに育毛効果はあるの?

ノコギリヤシはプロペシア同様、5αリダクターゼを阻害し、DHTの生成を抑制する効果が期待できます。

もちろん、育毛効果はプロペシアに比べると低いですが、天然成分のために副作用が出る可能性は極めて低いです。

それではノコギリヤシの含有量が多い育毛サプリメントはどれでしょうか?

プロペシアの代わりはイクオスサプリEXがおすすめ!

他の育毛サプリメントに比べイクオスサプリEXには、ノコギリヤシが多く配合されています。

ボストンも同量のノコギリヤシが配合されていますが、他の配合成分の含有量でイクオスサプリEXの方が育毛効果は期待できると思います。

髪の毛の成長に必要な亜鉛、5αリダクターゼ抑制効果があるイソフラボンなどの含有量も、イクオスサプリEXは他の育毛サプリメントに比べると多いです。

プロペシアの代わりはイクオスサプリEXがベストだと思います。

イクオスは育毛剤もあるので、イクオスサプリEXと育毛剤イクオスを併用すれば、育毛効果はさらに高くなるでしょう。

子作りの期間はそれほど長くはない!

パートナーの閉経前なら作る気さえあれば子供はいつでも作れる、と思っている男性もいると思います。しかし現実は、そうではないことが多いような気がします。

子供を作ることに機能的には問題が無かったとしても、仕事上のこと、経済的なことなどで、子供を作れる期間は人によって限られていることが多く、子作りの機会は10年間ぐらいの人が多いように思います。

プロペシアの副作用のために、その限られた子作りの機会を逃すのはもったいないので、プロペシアの代わりに信頼できる育毛剤を使用するのがよいでしょう。

まとめ

今までの紹介してきたことをまとめると、

  • プロペシアの副作用は男性機能に関することが多い
  • 副作用はプロペシアの服用をやめると無くなることがあるが、必ず無くなるわけではない
  • プロペシアの代わりにノコギリヤシの含有量が多いイクオスサプリEXがおすすめ

といった感じです。

20代であれば、まだプロペシアは早いという個人的な考えがあります。

まずは医薬部外品の育毛剤や育毛サプリで、安全に育毛することをおすすめします。