【大丈夫?】プロペシアの初期脱毛がスゴイ!この恐怖いつまで続くの?

AGA(男性型脱毛症)治療においてよく耳にする言葉「初期脱毛」。

初期脱毛のことを知らない人には、AGA治療を始めたのに抜け毛が増えたら怖いですよね?

これから初期脱毛が起こる理由、時期、期間、量などについて説明していきたいと思います。

これを読んで、AGA治療開始後の抜け毛を心配していた人は参考にしてください。

初期脱毛ってなに?このまま治療を続けて大丈夫?

プロペシアを服用しだして抜け毛が増えて不安に思っている人も、初期脱毛について知っていたら比較的安心して、プロペシアの服用を続けられると思います。

最初に初期脱毛を理解するために必要な、ヘアサイクルについて説明していきたいと思います。

ヘアサイクルってなに?

ヘアサイクルとは、髪の毛が作られて、成長し、抜け落ちるまでの周期のことです。

AGAの人は乱れたヘアサイクルになっています。ヘアサイクルは成長期、退後期、休止期に分けられます。

成長期 毛母細胞が分裂し髪の毛が成長する期間です。薄毛の人は成長期の期間が正常の人よりも短くなっています。
退後期 髪の毛の成長が弱まり止まる期間です。
休止期 髪の毛が抜け落ち、新しい髪の毛が作られ始める期間です。

AGAはどうして起こるの?

AGAについて少し詳しく説明していきます。

男性ホルモンが5αリダクターゼと結合し、ジヒドロテストステロン(DHT)に変化します。DHTがアンドロゲンレセプターに結合すると、脱毛因子であるTGF-βになり脱毛が起こります。

DHTが多く作られると成長期が短くなり、髪の毛は十分に成長せず、細くて弱い髪の毛になってしまうのです。

正常の人の成長期は2~6年と言われていますが、薄毛の人の成長期は数ヶ月~1年と短くなっています。

短くなってしまっている成長期が、正常の人の成長期の長さに近づくと、太くて強い髪の毛が生えてきます。

初期脱毛が起こる理由ってなに?

プロペシアなどの効果が出始めると、髪の毛を作る毛母細胞が活発に働きだして髪の毛は成長し始めます。

このときに、休止期に入っていた細く弱い髪の毛が、成長してきた新しい髪の毛に押し出される形で大量に抜けてしまうことがあるのです。

初期脱毛で抜け落ちる髪の毛は、もう成長することがない細く弱い髪の毛だけで、遅かれ早かれ抜け落ちる髪の毛です。しっかりと成長した髪の毛が抜け落ちることはありません。

初期脱毛が起きずに、髪の毛の成長が始まる人もいますが、多い人では1日に200~300本抜けることもあります。

普通の人の1日の抜け毛は100本前後といわれています。季節によって抜け毛の量も変わります。

初期脱毛が起こるということは、ヘアサイクルの改善が始まったポジティブなサインなのです。今後、太く成長した髪の毛が増えてくる準備期間と言えるかもしれません。

初期脱毛が起こる時期は?全員に起きるの?

初期脱毛はヘアサイクルの改善のサインと言われても、初期脱毛が起こる時期がわからないと、抜け毛がただ単にプロペシアが自分には合わなく、薄毛が進行してしまっているのか、初期脱毛による抜け毛なのか不安ですよね。

初期脱毛が起こる時期は、一般的にはプロペシアを服用してから数日~1ヶ月で起こると言われています。個人差があるので、この時期はあくまでも目安程度と考えてください。

初期脱毛が起こらずに髪の毛が増える人もいますが、初期脱毛が起きたら高確率で髪の毛が増えると思います。

初期脱毛のことを気にしすぎると、かえってストレスで抜け毛が増えるかもしれないので、あまり気にしないようにしましょう。

初期脱毛ってどのぐらい続くの?

初期脱毛による抜け毛とわかっていても、期間が長すぎると不安になりますよね。初期脱毛の期間は、短い人で1~2週間、長い人で2ヶ月~3ヶ月続くと言われています。

初期脱毛の期間も個人差があるので目安程度に考えてください。初期脱毛の期間は薄毛が目立ってしまうかもしれませんが、髪の毛が増える準備期間と考えて、あまり気にせずにいましょう。

初期脱毛が起こったときに注意すべきこと!

初期脱毛を知っていたとしても、AGA治療を開始して間もなく抜け毛が増えたら、不安になる人は多いと思います。しかしここで気をつけなければいけないことがあります。

抜け毛が増えたからといって、AGA治療を中止しないように注意してください。初期脱毛は太く強い髪の毛が生えてくる準備期間だと説明しました。

せっかくヘアサイクルが改善され始めたのに、治療をやめてしまっては無駄になってしまいます。

初期脱毛が起こっても特別なことをする必要はありません。今まで通りプロペシアを服用して、頭皮を清潔に保って髪の毛が生えてくる環境を整えましょう。

こんな抜け毛があったときには要注意!

AGA治療を開始してから増えた抜け毛は、全て初期脱毛だとは限りません。

かゆみ、痛み、炎症などが伴った脱毛は初期脱毛でない可能性があります。その場合は、とりあえずプロペシアの服用をやめて、すぐにプロペシアを処方してくれた医師に相談してください。

プロペシアの服用による初期脱毛のまとめ

ここまで説明してきたことをまとめておきます。

  • 初期脱毛はヘアサイクル改善が始まったサイン
  • 初期脱毛の時期や期間には個人差がある
  • 服用開始数日~1ヶ月後で起こり、約1ヶ月続く
  • 頭皮の異常を伴った脱毛は初期脱毛でない可能性がある

初期脱毛とはわかっていても、AGA治療を開始してすぐに抜け毛が増えたら、不安に思わない人の方が少ないでしょう。

プロペシアを服用していて、疑問に思ったことや不安に思ったことがあったら、すぐに医師に相談しましょう。